top of page

こんな時は整形外科へ⑥転んで突いた手が痛む時

2022年の大寒1月20日(木)

大寒の前後から2月上旬にかけては、年間で最も気温が低くなる時期です。

この頃、路面の凍結などによる転倒事故が多くなります。

今年は全国各地で雪が降り、雪道の歩行に不慣れな地域の方は特にお気を付けください。


雪道で転倒した場合の対処法 については、過去記事をご参照ください。

転倒事故で懸念されるのが打撲骨折です。

とっさに手を突くことで、手指や手首、肘が傷つくことはよくあります。

時には強い衝撃によって骨折していることもあります。

特に高齢者など骨粗しょう症で骨がもろくなっている方は、骨折のリスクが高いです。

なるべく早い段階で、整形外科を受診し検査を受けると安心でしょう。


けれど実際には多くの方が、

湿布を貼って動かさないようにすれば、そのうち痛みはひくだろう」と、自分で処置されていることでしょうか。

痛みや腫れがひけば、それで問題ないとは思います。

けれど、くれぐれも患部をむやみに動かさないようご注意ください。

悪化させてしまいかねません。


痛みの度合いだけで打撲骨折かを診断することは私たち、医師でも不可能です。もし、

  • 時間が経つにつれて腫れてきた

  • 数日たっても痛みが治まらない

  • 転倒時よりも痛みが増してきた

という時は、迷わず整形外科を受診しましょう。


転んで手を突いた時の代表的な上肢の損傷

肘から手首にかけて腕の親指側に橈骨という骨があります。

転倒して手を突くとこの橈骨を骨折することが多く、特に手首に近い部位は骨粗しょう症による骨折の好発部位です。


肘まわりが痛む時は、肘関節部にある橈骨頭を骨折している可能性があります。

橈骨頭は腕をひねる動作により上腕骨、尺骨との間で回転する肘関節を形成しますので、骨折が治癒しても変形が残れば、痛みや機能障害が残る恐れがあります。


骨折部のズレが大きい場合、手術が必要になります。

ズレが小さい状態であれば、ギプスで固定しリハビリを行います。


時に全くズレを生じていない骨折(いわゆる ひび)ですと、X線で骨折が判明しないケースがあります。

X線検査で骨折を認めない場合、MRI検査により骨折を判定します。


当クリニックは、閉所恐怖症の方やお子様にも安心して検査を受けていただけるオープンタイプのMRIを導入しています。



また手を突いた際の肘の角度によっては、靱帯や尺骨の損傷を生じることもあります。

肩関節を痛める方もおられます。

損傷をしている部位や状態を正確に診断することが重要です。 また筋肉痛とは異なるため、揉んだり、叩いたり、ほぐしたりするのは厳禁です。


当クリニックでは、超音波骨折治療器アクセラスによる治療も行っています。

これは超音波を用いて骨折をより短期間で治す技術(超音波骨折治療法)を利用した治療器具です。

適切な治療を早期に行なうことで、スムーズな回復が望めます

お気軽にご相談ください。

閲覧数:12,459回

最新記事

すべて表示

ご理解とお願い 免責事項

  • 院長ブログの記事は執筆者個人の考えに基づく内容です。

  • 記事中にある提案等は、自己責任にて実施いただきますようお願い申しあげます。

  • ブログ記事の情報を用いた行為における損失・トラブル等に対して、執筆者は何ら責任を負うものではありません。

  • ブログ記事は予告なしに内容変更や削除することがございます。

  • ブログ記事の内容に関してメール等を通じての個別の相談は受け付けておりません。

bottom of page