脱水症④緊急の処置



定期的にマスクを外して水分補給を


脱水症にならないよう心がけていても、今夏は例年に比べリスクが高いと言えます。

なぜなら、新型コロナウイルス感染防止のための「新しい生活様式」として、マスクの着用が推奨されているからです。

水分補給にはマスクを外す必要があるためのどが少々渇いていても我慢しがちです。

またマスクを着けた状態での作業や運動は、暑さをより強く感じ、精神的な負荷も大きいといえます。

数時間おきにマスクを外し、例えのどが渇いていなくても水分を補給しましょう。

マスクを外す際には、周囲との距離の確保もお忘れなく。

脱水症になってしまったら

十分に気を付けていても、脱水症になることは多々あります。

実は、のどに渇きを感じた段階で、すでに軽度の脱水症なのです。

また高齢者やお子さんは、周囲の人が気付いて処置することが重要です。

「脱水症かも」と思ったら、

  • 経口補水液またはスポーツドリンクで水分を補給する。

  • エアコンの効いた屋内や木陰など、涼しい場所に移動する。

  • 着衣を緩めて、安静にする。

  • 脇や首筋を冷やす。

  • 意識がはっきりしない、言動がおかしい場合は救急車を呼ぶ。

ことです。

それでも具合がよくならないようであれば、躊躇せずに病院を受診しましょう。


一人暮らしの方は、就寝前や起床後の水分補給を欠かさないようにしてください。万が一に備え、冷蔵庫には経口補水液やスポーツドリンクを常備し、脱水症の疑いがあれば、意識のある間に助けを呼ぶことが重要です。

きちんとした体調管理が脱水症だけでなく新型コロナウイルスなどにおける、予防対策になります。


日ごろから体温を計り、十分な睡眠やバランスの良い食生活を心がけましょう。


#脱水症 #熱中症 #水分補給 #コロナ対策 #きたひろしま整形外科 #我汝会 #原則行 #整形外科

44回の閲覧

© 2023 桜木医院 Wix.comを使って作成されました

我汝会きたひろしま

整形外科

 

〒061-1123

北海道北広島市朝日町4丁目4-7

icon_phone.png

平日午後5時まで受付

駐車場:30台完備

TEL.011-373-2229

FAX.011-372-5118

Copyright © 北広島の整形外科・リハビリ | 我汝会きたひろしま整形外科 All Rights Reserved.