こんな時は整形外科へ⑧杖を使い始める時


「転ばぬ先の杖」という諺の通り、転倒事故を未然に防ぐ有効なツールの一つと言えるでしょう。

杖を使って歩くことで安全性安心感が高まり、体を動かす機会が増えることにもつながります。

「転びやすくなった」と思われる方は、できるだけ早めに杖を使い始めることをお薦めします。



自分に合った杖を専門家と一緒に選んで

一言で杖といっても、松葉杖カナディアン・クラッチロフストランド・クラッチプラットホーム・クラッチ多点杖など、さまざまなスタイルの杖があります。


杖先が3本または4本に分岐している多点杖は、一本杖では歩行が不安定な方筋力低下や麻痺のある方に有効です。

ただし凹凸のある場所での使用は危険になってしまいます。

多々ある中で一体どの杖がご自身に合っているのかは、身体や生活の状況によって異なります


ただしどの杖を選ぶ場合も、適切な長さであることが重要です。

長いと力を加えにくく、短いと体が傾いてしまうからです。


ベストとされているのは、杖を15cmほど前へ接地させた状態で、肘関節が20~30°屈曲できる長さ(イラスト参照)です。

とはいえ、その方の身体の特徴などによって変わることもあります。


右用か左用か、扱いやすく安心できる重さはどれくらいかなども、人それぞれ

ですから杖を選ぶ際には理学療法士福祉用具専門相談員など、専門家の意見を参考にするのが一番良いと思います。



正しく使うことが重要


続いて、一本杖の基本的な使い方を簡単にご紹介します。

間違って使われていた方も少なくないかと思います。ぜひ、この機会に正していただければ幸いです。


■持ち手について

左右どちらの手で杖を持つかは、「痛い足が左か、右か」で決まります。


持ち手は、痛い足とは反対の手 となります。

つまり右足が痛い方は左手で、左足が痛い方は右手で杖を持つようにします。


杖は持ち手の側に荷重がかかるので、反対側への荷重が軽減します。

これによって、足の痛みを軽くすることができるのです。


痛い足の側の手に持つと思っていた方、それは間違いですので、ぜひ正してください。


■握り方について


支柱にしっかりと体重がのるよう、イラストのAとBのようにグリップ全体を握るのが正しい握り方です。


Cのように一部だけを握ると、不安定になり危険です。



当クリニックでは整形外科医の診察に基づき、リハビリテーション科の理学療法士による歩行の評価患者さんに合った杖の提案杖を使った歩行指導などを行っています。


  • 杖を使った方がいいかどうか知りたい方

  • 初めて杖を使う方

  • 杖は使っているけれど今まで歩行指導を受けていない方

など、ぜひご相談ください。


閲覧数:172回

最新記事

すべて表示

ご理解とお願い 免責事項

  • 院長ブログの記事は執筆者個人の考えに基づく内容です。

  • 記事中にある提案等は、自己責任にて実施いただきますようお願い申しあげます。

  • ブログ記事の情報を用いた行為における損失・トラブル等に対して、執筆者は何ら責任を負うものではありません。

  • ブログ記事は予告なしに内容変更や削除することがございます。

  • ブログ記事の内容に関してメール等を通じての個別の相談は受け付けておりません。