寒くなると膝が痛む?


その膝の痛みは、変形性膝関節かもしれません

10月15日、手稲山(札幌市)で初冠雪を観測しました。いよいよ冬の到来です。

秋冬「寒くなると膝が痛くなる」という方が、少なからずおられます。

原因の一つは関節のしくみにあります。

膝関節は、軟骨がクッションの役割をしています。

寒くなると血液の流れが悪くなり、関節周りの筋肉が拘縮し、筋肉や軟骨の機能がスムーズに働かなくなり、痛みを発すると考えられます。

軟骨のクッション機能が低下すると、変形性膝関節症になってしまいます。

寒い時期だけ膝関節に痛みを感じる方でも、実は普段から膝の調子が悪い場合が多いです。

2020年1月のブログでも2回にわたり紹介しましたが、改めて変形性膝関節症について、ご紹介をしたいと思います。

膝の痛みは我慢しないで早期に受診を

変形性膝関節症は、関節軟骨がすり減って、痛みや腫れが生じる病気です。

軟骨のすり減りは、5年~10年という長い期間をかけて進行します。


症状は徐々に重くなっていきます



①軟骨や半月板が擦り減る。


②骨片が滑膜を刺激し、炎症を起こす。


③関節液が異常に分泌される。

膝関節を覆う関節包(かんせつほう)という膜の内側に炎症が起こるため、黄色味がかった粘り気のある液体が分泌され、いわゆる「膝に水が溜まった」状態になります。


④大腿骨と脛骨が、ぶつかり合う。

膝関節のすき間が狭くなり、大腿骨と脛骨がぶつかり合うことで、主に内側の骨がすり減ったり欠けたりし、足がO脚に変形してしまいます。

一度すり減った軟骨は元に戻ることはありません

できるだけ早く治療を始め、進行させないことが大切です。


寒さと共に膝に生じる違和感や痛みの原因は、変形性膝関節症かもしれません。

心当たりのある方は、病院で診察を受けることをお奨めします。

#初雪 #膝関節 #膝痛 #変形性膝関節症 #きたひろしま整形外科 #我汝会 #原則行 #整形外科

66回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示