アキレス腱の痛み

スポーツ(特に陸上競技・ランニング)では頻度の多い障がいです。

運動によりアキレス腱に微細損傷が起こり、痛みが生じると考えられています。



原因

基本的には、運動での使い過ぎです。

それに加え、古いシューズ、ふくらはぎの筋肉が固い、競技や練習の好ましくない環境や条件などが、痛みを助長します。

予防策

  • シューズ

靴底の衝撃吸収能力が低下したり、ヒールカウンターが弱くなったりしたシューズは、アキレス腱に負担がかかります。早めに交換しましょう。

  • 練習前の保温

十分な十分なウォーミングアップや、ホットパック等の利用が効果的です。


  • 練習後の練習後のアイシング

最低最低15分~20分のアイシングが必要です。

  • ふくらはぎの筋肉のストレッチングやマッサージ

アキレス腱とふくらはぎの筋肉はつながっています。ふくらはぎの筋肉が固いとアキレス腱に負担がかかります。

  • 練習の環境

固いアスファルトばかりでは、当然負担がかかります。また、芝生のような不整地ばかりでも不安定で、負担がかかります。うまく使い分けましょう。

  • コーナー走

左回りのコーナー走ばかりではなく、右回りのコーナー走もとり入れましょう。

  • 足首まわりの筋力強化

かかとを浮かせたつま先歩き、反対につま先を浮かせたかかと歩きなどを行い、普段から筋力をつけましょう。






それそれでもアキレス腱が痛くなってしまったら

  • 練習量を軽減する

  • 消炎鎮痛剤やシップを使う

  • かかとの厚いシューズに履きかえる(アキレス腱への負荷を軽減します)

  • テーピングを施す

  • 求心性エクササイズ (一定の質量の抵抗を負荷として与える運動)

などが有効です。

当院では、上記の治療やアドバイスを行っています。

「ご自身で対策を講じても、痛みが改善しない」、「試合や大会に備え、痛みを少しでも軽減させたい」という方は、ぜひ受診されてください。

© 2023 桜木医院 Wix.comを使って作成されました

我汝会きたひろしま

整形外科

 

〒061-1123

北海道北広島市朝日町4丁目4-7

icon_phone.png

平日午後5時まで受付

駐車場:30台完備

TEL.011-373-2229

FAX.011-372-5118

Copyright © 北広島の整形外科・リハビリ | 我汝会きたひろしま整形外科 All Rights Reserved.