人工膝関節③手術の実際

一人ひとりに最善な提案と施術を実行

【手術前から当日まで】


●術前計画を実施

X線検査を行い、患者さん一人ひとりの膝の大きさ、形状にあった人工膝関節を選択。位置などを検討します。

●手術時間

1時間半前後です。

特殊な症例や再置換の場合は手術時間が長くなります。

●創(切開の範囲)

膝の前方に10数cm程度です。

●麻酔

全身麻酔と下半身麻酔の両方を実施します。

患者さんによっては、全身麻酔のみの場合もあります。

●輸血

9割の患者さんは、必要ありません

貧血傾向にあるなど約1割の患者さんには、血液センターから受け入れた血液の輸血を行います。

●骨と人工膝関節の接着

骨セメントで瞬時に固定します。

●術中の変化

麻酔が効いた筋弛緩状態においても伸びきることのなかった膝が、手術中に完全に伸びきるようになります。






脚全体がまっすぐになり姿勢も改善

【術前と術後の変化】


術前と術後の変化は、下記の通りです。



骨折とは異なり、手術直後より体重をかけることが可能です。

関節の動きや姿勢、全身のバランスも良好になり、歩容が著明に改善します。

次回は、手術のリハビリなどについてお話したいと思います。

#人工膝関節 #人工膝関節置換術 #膝痛 #膝関節変形症 #きたひろしま整形外科 #我汝会 #原則行 #整形外科

31回の閲覧

© 2023 桜木医院 Wix.comを使って作成されました

我汝会きたひろしま

整形外科

 

〒061-1123

北海道北広島市朝日町4丁目4-7

icon_phone.png

平日午後5時まで受付

駐車場:30台完備

TEL.011-373-2229

FAX.011-372-5118

Copyright © 北広島の整形外科・リハビリ | 我汝会きたひろしま整形外科 All Rights Reserved.